トイレに行けず、尿瓶と導尿に動揺

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

 

明日が退院日。
手術したところが時々痛くなるときは看護師さんに座薬を入れてもらいました。
でも感じる痛みもだんだん小さくなってきました。
座薬もそろそろ必要なくなるかも。
そんな中、枕元に気になるものを発見しました。
透明な容器です。なんだろう。
看護師さんに聞いてみると、
尿瓶(しびん)っていってオシッコを入れる容器ですよ
って説明でした。
なんでも、手術後しばらくはトイレへの移動は控えて、この容器にしてくださいとのこと。
えー!
これどうやってつかうの??
使うかどうかはわからないけど、一応使い方を看護師さんに説明してもらいました。
数時間後、トイレに行きたくなったので
カーテンで仕切られているし、ちょっと試してみました。
かなり恥ずかしいですが、しょうがないです。
でも、出ません。
オシッコはしたいのに、全然出てくれません。
いつものトイレの姿勢と違うし、初めてのやり方だから緊張していたんだと思います。
「どうしよう。」
看護師さんにそのことを話すと、
「おしっこ出さないと身体に悪いからね。導尿するという方法もあるけど」
とのこと。
看護師さん曰く、導尿っていうのは尿道に管を入れて、排尿を促すというもの。
「・・・もうちょっと尿瓶でがんばってみます」
でもどんなに時間をかけても不思議と尿瓶に出すことは出来ませんでした。
そうこうしているうちに、トイレに行く許可が出たので、トイレで出すことが出来ました。
いよいよ明日が退院日です。
→退院日。

明日が退院日。

手術したところが時々痛くなるときは看護師さんに座薬を入れてもらいました。

 

でも感じる痛みもだんだん小さくなってきました。

座薬もそろそろ必要なくなるかも。

 

そんな中、枕元に気になるものを発見しました。

透明な容器です。なんだろう。

 

看護師さんに聞いてみると、

 

尿瓶(しびん)っていってオシッコを入れる容器ですよ

 

って説明でした。

 

なんでも、手術後しばらくはトイレへの移動は控えて、この容器にしてくださいとのこと。

 

えー!

これどうやってつかうの??

 

使うかどうかはわからないけど、一応使い方を看護師さんに説明してもらいました。

 

 

数時間後、トイレに行きたくなったので

カーテンで仕切られているし、ちょっと試してみました。

 

かなり恥ずかしいですが、しょうがないです。

 

でも、出ません(汗)

 

オシッコはしたいのに、全然出てくれません。

 

いつものトイレの姿勢と違うし、初めてのやり方だから緊張していたんだと思います。

 

「どうしよう。」

 

看護師さんにそのことを話すと、

 

「おしっこ出さないと身体に悪いからね。導尿するという方法もあるけど」

 

とのこと。

 

看護師さん曰く、導尿っていうのは尿道に管を入れて、排尿を促すというもの。

 

「・・・もうちょっと尿瓶でがんばってみます」

 

でもどんなに時間をかけても不思議と尿瓶に出すことは出来ませんでした。

 

そうこうしているうちに、トイレに行く許可が出たので、トイレで出すことが出来ました。

トイレでしゃがむこと30分少々。ようやくオシッコが出てきました。
しかもやっとチョロチョロと出だしたとおもったら、どんだけ溜まってたんだ!ってぐらいなかなか終わってくれません、、(汗)
膀胱と腎臓にかなり負担をかけちゃってたなと反省。

ようやく膀胱の中が空っぽになったらしくトイレを後にしました。和式トイレだったので足がかなりしびれました。洋式だったらありがたかったかも。。

 

いろいろあった盲腸手術。1週間がとても長く感じられました。
いよいよ明日が退院日です。

 

次のページはこちら→→   盲腸手術を終え、退院へ