電子レンジが苦手という話

最近、電子レンジ持ってないという方にお会いして、意気投合してしまった(*‘∀‘)

料理好きといいながら、実は、うちには、電子レンジがない。

でも、以前は使っていた時期もあります。

一人暮らしの家電と言えば、冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ、そして、炊飯器や掃除機というのが代表的かと思うんですが、いかがでしょうか?

ほとんどのおうちで、この5つくらいはお持ちではないかと思います。

家電量販店に行くと、一人暮らし家電セットとかいって安く売られているので、メーカーにこだわりがなければ、そっちの方がかなりお得♪

私は、一人暮らしを始めたとき、何の疑問も持たずに激安5点セットを即買いしました。

けど、物を厳選する、減らすと決めたことや、丁寧な暮らしをするうえで、本当に必要なのかというのを考えると疑問が湧いてきて。

「必要なし!」と結論が出て、思い切ってリサイクルショップに引き取ってもらいました。

電子レンジをほとんど使わなかった理由

電子レンジを売ってしまった理由は、そんな理由からなのですが、電子レンジがずっと冷蔵庫の上で、お飾りになっていたということも理由の1つです。

電子レンジを持たない人がいることは以前から知っていました。

その理由は、いろいろな説があり、例えばこのようなもの↓。

  • 発がん性がある説
  • 容器が溶けて食品に混ざる説
  • 栄養素が変わる説
  • 電磁波が体に良くない説

私としては、そんな説は、あまり気にしていなくて。

例えば、発がん性については、あまり信ぴょう性がなさそうだし、容器が溶けるというのは、用法を守っていれば大丈夫だろうし、栄養素が変わるというのは、熱を加えれば電子レンジじゃなくても多少変わりそうだし、電磁波は、テレビやスマホなんかでもありそうだから。

ただ、一つ気になることが。

なぜ電子レンジで温まるのかというのがイマイチわからない。

そういうことを、先の知人に話したところ、その方もそうだったのでで意気投合。

一応、Wikipediaなどで調べてみたりもしたのですが・・・。

物の温度とはおおよそ分子の運動量のことであるが、電子レンジはマイクロ波を照射して、極性をもつ水分子に直接エネルギーを与え、分子を振動・回転させて温度を上げる。いわゆるマイクロ波加熱を利用している。

「電子レンジ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
最終更新 2020年8月19日 (水) 15:06 UTC
URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8

ふーん、なるほどーとは思うものの、そこはアナログ人間、やっぱりなんとなく使いたくないと思ってしまうのでした。

電子レンジを使うことを辞めた理由は他にもあって、野菜を温める時、温めすぎてしまうと焦げてしまうことがしばしばあり。

調理時間がうまくつかめないという点も困っていました。

また、温めムラがでるというのも気に入らない。

野菜は焦げるほど温まるのに、他の部分は冷たいままのことが続いて、使うのをやめてしまいました。

そんなわけで、うちには電子レンジがないんです。

ちょっと不便ではありますが、慣れてしまえば大丈夫。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする