鍋・フライパンの種類とそのメリット・デメリットを考えてみた

長年使っているステンレス製の鍋。

焦げたところが、洗ってもなかなか落ちないことが多くて、ちょっとイライラすることも。

重曹を使うと良いと聞いて何度か試してみたけど、落ちない部分が多く、そろそろ買い替え時かと考えています。

ステンレス製の鍋は、汚れが落ちにくいのがデメリットだなとホント思う。

フライパンはティファールのフライパンを使用しているけど、こちらもコーティングが剥げてきて、剥げた部分を一緒に食していると思うと気持ちが悪いので、フライパンも一緒に買い替えようと思っています。

それで、鍋とフライパン、いろいろ種類があって、どれにするか迷っています。

鍋とフライパンの素材の種類

鍋やフライパンの材質の種類を思いつく限り挙げてみる。

  • ステンレス
  • アルミ
  • ホーロー
  • フッ素加工

今使っているのは、ステンレスとフッ素加工。

料理本とかを見ていると、ストウブ(Staub)が気になっているけど、これは鋳物ホーロー鍋なんだとか。

ちなみに鋳物はイツブとは読まずイモノと読みます。

鋳物は鉄などを溶かして、鋳型に流し込んで作られたもので、ホーローは、鉄やステンレスなどでできた鍋に、ガラス質の釉薬を高温で焼きつけて作られたものらしい。

どちらの素材の良さも持っているということなのかしら。

ちなみに、いろいろ検索していくうちにストウブやバーミキュラが欲しくなったんだけど、値段がめっちゃ高い!

とても手が出せません・・・。

各素材のメリットとデメリット

各素材のメリット・デメリットを調べてみました。

ステンレスのメリット・デメリット

ステンレス製の鍋・フライパンのメリットは、保温性が高く、さびにくい点。

デメリットは、熱伝導は低い、焦げやすい点。

あと、使用していて重いというのもデメリットかと。

熱伝導が悪いというのは、使っていて納得。

鍋で沸騰させるのに、結構時間がかかってしまうんですよね。

煮物料理なんかに向いているのだとか。

アルミのメリット・デメリット

アルミ鍋の良さは、やっぱり軽さ。そして安い。

熱伝導もステンレスよりずっといい。

デメリットは、酸やアルカリに弱いので、使い方に気を付けないと傷みやすい。

また、傷がつきやすかったり、変形しやすかったりというのがあります。

熱伝導が良いから、茹で料理とかに向いているかも。

鉄のメリット・デメリット

鉄の鍋・フライパンのメリットは、高温に強くて丈夫。

デメリットは、お手入れのしにくさ、重さ。

鉄のフライパンでお肉料理すると、美味しくできがりそうで鉄フライパンの購入を考えたのですが、意外とお手入れが難しそう。

ちゃんとお手入れしないと錆びてしまったり。

基本、コツコツお手入れするのとか大丈夫なんですが、仕事が忙しくなってくると続かないかも。

ホーローのメリット・デメリット

ホーロー鍋のメリットは、熱伝導が良い点。また、カラフルな商品が多いこと。

デメリットは、衝撃に弱く、重いこと。

衝撃を受けてヒビが入ってしまうと、そこから錆びてしまうこともあるのだとか。

(調理器具の話をしているのになんですが、昔、トイレの三角コーナーにホーロー製のが使われているのを見たことがあって、剥げた部分が錆びているのを見たことがあります。あんな感じになるのでしょうか・・・。)

フッ素加工のメリット・デメリット

フッ素加工の良さは、やっぱり焦げ付かないこと!

ほんと、ティファールのフライパンは焦げないから、とっても使いやすかった。

重さもそれほど重くないし、炒め物にちょうどよい。

デメリットは、ヘラなどの利用で、フッ素加工が剥げてしまうこと。

調べていて知ったけど、ヘラを使用するなら、シリコン製や木製のものがよいのだとか。

いろいろ考えて私が出した結論

  • アルミ鍋(味噌汁や茹で野菜用)
  • ティファールの大きめ鍋・フライパン

アルミ鍋は、熱伝導が良よくて軽く、手軽に使えそうなのが良い。

毎日のお味噌汁や、温野菜サラダを作るときに活躍してくれそう。

ティファールは、加工が取れてしまうと嫌だけど、焦げ付かないという点では、本当に使いやすい道具なのでリピ。

ストウブでお肉の煮物料理(洋風)を作ってみたかったけど、値段が高くて手が出ないので、ティファールの大きめ鍋で代用、購入しようかと思っています。

ステンレスは、やっぱり汚れが落ちにくいのがネックでした。

鉄・ホーローはお手入れや扱いに気を使うから、候補から外しました。

もう少し、料理の腕を上げたら、ストウブや鉄製のものも使いこなしてみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする