ある日の朝、猛烈な腹痛・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

 

金曜日からおなかが痛かった。
でもたいして気にしてなかったと思う。
というのも夕食を腹いっぱい食べた後、おなかを壊すことはよくあったので、その日も同じ症状なのだろうと勝手に思い込んでいた。
そしてその日はいつもと同じように就寝したと思う。
そして、次の日の土曜日の朝がやってきた。
おきていつものように朝食を食べようとする。
だが様子がいつもと違う。
朝は食欲がないことはもちろんあるのだが、口をあけても食べものが受け付けない感覚というのは初めてだ。
どうしてだろう?
そう思った矢先、猛烈な吐き気をもよおしてトイレに駆け込んだ。
無理やり食べたもの、そして昨晩食べたものを含め、すべて吐き出した。
でも、、、
動けない。胃がしめ付けられるような痛みだ。
「苦しいよ。食中毒かな・・・」
心配して祖母がトイレまでやってきた。
「由佳、大丈夫かい?病院いこうか?」
「う・・・・」
胃が痛すぎて、もはや返事すらまともにできなかった。
こうして私は、祖母の運転する後部座席に横たわり近くの総合病院で診察を受けたのでした。

金曜日からおなかが痛かった。

でもたいして気にしてなかったと思う。

 

というのも夕食を腹いっぱい食べた後、おなかを壊すことはよくあったので、その日も同じ症状なのだろうと勝手に思い込んでいた。

 

そしてその日はいつもと同じように就寝したと思う。

そして、次の日の土曜日の朝がやってきた。

 

おきていつものように朝食を食べようとする。

だが様子がいつもと違う。

 

朝は食欲がないことはもちろんあるのだが、口をあけても食べものが受け付けない感覚というのは初めてだ。

 

どうしてだろう?

 

そう思った矢先、猛烈な吐き気をもよおしてトイレに駆け込んだ。

無理やり食べたもの、そして昨晩食べたものを含め、すべて吐き出した。

 

でも、、、

 

動けない。胃がしめ付けられるような痛みだ。

 

「苦しいよ。食中毒かな・・・」

 

心配して祖母がトイレまでやってきた。

 

「由佳、大丈夫かい?病院いこうか?」

 

「う・・・・」

胃が痛すぎて、もはや返事すらまともにできなかった。

 

こうして私は、祖母の運転する後部座席に横たわり近くの総合病院で診察を受けたのでした。

 

次のページはこちら→→   診察の結果、驚くべき病名が・・・